※中学生のみ
2017/12/16〜
2018/1/8

冬期講習会
浪人生
現役生
高校1・2年生
中学生

社会人

高1・高2
スタート応援
キャンペーン
1/10まで
高校1・2年生対象
入学は、3学期入学1/10〜が対象です

1
冬期講習会を受講後、冬期講習会で「高2初心コース」を受講すると、本講習会の申込金が無料になります。
2
大掃除(12/29)に参加し、受験教室に入学すると、冬期講習会学費が通常より学費を抑えた「冬期優待学費」になります。
3
冬期講習会を受講後、続けて3学期初日ら受験教室にご入学の場合、
入学金免除 になります。

難関美大をめざす新入生が揃って入学するチャンスです。クリエイターになるために同じ夢を持つ仲間と一緒に美大をめざしましょう!
 大学入試は全入時代に突入しています。人気を集めてきた美術系大学でも、少子化の影響で二極化の傾向が極端に進んでおり、高度な実技修練を必要とする難関美大と、普通の高校生がわずかな練習を積むだけで入れてる美大とに大きく二極化してきました。
 もともと、美術大学とは「絵のうまい人たちが集まり、その力を仕事につなげる場」だったのですが、少子化の影響で「絵がうまくなりたい人が集まる場」「カルチャースクール的美大」が多く出現してしまいました。それは結果として、プロにつながる美大と、趣味で終わってしまう美大とに大きく2分化してしまったということを意味します。
 どんなに学費の安い美術大学でも、4年間通えば一人暮らしなどの生活費も含め最低1000万円以上の費用を必要とします。カルチャースクールとしては高すぎます。美大を目指すからにはしっかりとした基礎力を構築し、美術のプロとしての夢がかなう大学を目指すべきです。絵をうまくするノウハウは美術予備校に蓄えられており、大学には仕事につなげるノウハウが蓄えられてきていたのです。もし、絵をうまくするノウハウが大学にあったとしても、入試の終わった学生に高いモチベーションは期待できません。
 少子化の中で各美術大学も生き残りをかけて、「夢が実現しそうなポジティブキャンペーン」を発信してきます。しかし安易に得られる夢などありません。夢を実現するためにはいったい何が必要なのか、どれほどのコストがかかるのか、きちんと把握した上でしっかりとした助走距離をもたないと美術大学への進学そのものが、巨大な無駄遣いになってしまいます。

 アステールは、「プロにつながる美大受験」をモットーに、過去33年この地元で「本気で夢を実現」しようとする若者を応援してきました。美術・デザインなどの方面に将来進みたいとお考えの方は、保護者の方もご一緒にお気軽にご相談ください。

画材は市価より安く
揃います

 冬期講習会に必要な画材は、当研究所で市価よりも安く取り揃えられますのでご利用ください。また、当研究所での画材販売はつけ買いとなり、講習会の終了後、後日一括して請求させていただきます。画材費は、銀行振込か、もしくは直接来所のうえお支払いください。

冬期講習会案内
表紙・裏表紙
(地図・電話番号など)
JPEG画像 約1Mb
冬期講習会案内
内面
(講座の紹介・学費など)
JPEG画像 約1Mb
冬期講習会
申込書
この申込書で郵送やFAX
によりお申込みできます
GIF画像 1Mb
2017
冬期講習会
冬期講習会のカリキュラムや
費用など詳しい内容は
こちらの案内パンフレットを
ご覧下さい。
(JPEG、GIF画像)

●クリックすると
新しいウインドウに表示します

●案内パンフレットは配布中のものとほぼ同じものです
●容量の関係上、読みにくい場合があります。ご容赦ください。
●こちらの申込書を印刷したものを使って郵送によるお申し込みが可能です

●詳細はお問い合わせください。

冬期講習会の概要

 実技上達にはインプットとアウトプットの両面が必要です。本講習会の「初心入門講座」「デッサン講座」「構成基礎講座」などの教わる講座(インプット)と、「入試実践課題」(アウトプット)を併設しており、8つのコースから選択して受講、経験値に応じて講座・課題の比率が変わり、どなたでもその方の実力にフィットして効率よく上達できるよう個別にカリキュラムが作成される仕組みになっていることが大きな特徴です。
 経験者の受験生にとって冬休みは集中的に腕を磨き、志望校に合わせ入試シミュレーションを行う期間です。本講習会のカリキュラム内「入試実践課題」では、可能な限り一人一人が志望に合わせた対策課題が用意されており、入試に備えられます。
 非受験生(中学生、高校1・ 2年生など)には、鉛筆の削り方から学べる初心者向け「初心入門講座」、経験の浅い者向けに講師のデッサンデモンストレーションを模倣する「デッサン講座」、デッサン経験者が油彩、日本画、デザイン科などに別れて各専攻の基礎を学ぶ「構成基礎講座」が用意されており、「高1・高2・高3の各初心コース」を選択することにより受講できます。
 インプット講座で学んだことはそれ以降の時限の「入試実践課題」等でアドバイスを受けながら実践での体得、定着もはかれます。
もちろん芸術高校受験生(中2〜3生)にも対応しています。
 カリキュラムは各自ご都合に合わせて自由な組み合せでお申込みいただけますが、様々なニーズにフィットした21のコースもご用意いたしました。詳しくは上のコース案内をご参照下さ

美大合格のための作戦を練る

 さあ、あと少しで受験です。しっかりと戦う準備をしましょう。受験は本番の試合、 実戦です。勝敗以前に、実戦ではそれを通じて飛躍的に実力がのびる場合と、逆に自信が崩壊してしまう場合があります。後者のほとんどが戦う態勢作りに失敗した準備不足が原因です。シミュレーションもせずに本番に臨むのは誰にとっても不安なもの。多くの場合が実力を発揮できず戦った感じのないまま焦りの中で試合が終わってしまいます。

 基礎が一通り習得できている者は、冬期講習会では、おのおのの入試に備えて実技と学科をシミュレーションします。そして難関美大の入試を攻略する作戦を練り、実践の緊張感を楽しめるメンタリティを形成しておかなければなりません。もちろんハードルを楽々越えられる実力を身につけておくにこしたことはありませんが、受験生各々がしのぎを削る難関美大の受験でそのような例はごくまれです。実力が足りなければ足りないなりの戦い方、少しでも勝つ可能性のある作戦を立てなければなりません。今ある自分の力を最大限効率良く発揮できる作戦を、経験と実績のあるアステールの講師陣とともにつくりましょう。受験は勝負、一か八かですが、勝つ可能性のある作戦があってこそ試合を楽しめ、実力も伸びるものです。連続する受験実戦の中で飛躍的に力をつけ、当初無理だと思われた難関を突破していった先輩たちはこの講習会でその種を仕込んでいたのです。武器を手にし、戦いになる手応えが感じられたとき、美大受験はきっと楽しいものになるはずです。勝負を楽しむ為の備えがこの講習会です。

受験生の為に期間の異なる3つのコースを用意。志望難易度、経験値に合わせたカリキュラムを個人別に用意します。特に難関受験コースは休みなしのハードスケジュールですが、入試実践課題は個別メニューなので休んでもOK。頑張れるだけ頑張りたい人のコースです。

美大へ行こうか迷っている君は

 将来美術の道に進もうか、美大を受験しようかと迷っている君は、この冬期講習会からのスタートがよいタイミングです。もちろん、高校3年生でこの時期から難関美大の受験を考えている君は浪人覚悟となってしまいますが、美大受験を経験しておくことは次の受験に向けてとても重要なことです。この講習会では、美術に進もうか迷っている人のために鉛筆の削り方から学ぶ「初心入門講座」や、デモンストレーションを模倣する演習によりデッサンの必要最低限の基礎力を短期間でダイジェストに身につける初心者向けの「デッサン講座」(初心者・中高生向け)を用意しています。これらは「基礎体験コース」や「個別体験コース」で比較的短期間で受講可能です。また、ご希望の方は保護者の方と3者面談で、大学案内などの受験情報や職業ガイド等も交え、詳しい進路相談ができます(要:申込書にて面談申込)。

中学生には

 美術の仕事に興味がある!絵が上手くなりたい!高校の美術科に行くための実技の勉強をしたい!でも何からはじめればよいかわからない。そんな中学生には「体験基礎コース」と「体験個別コース」の組合せがおすすめです。

 美術大学の入試は、少子化の影響により難易度の二極化が進み、それに伴い画力・基礎造形力を身につける訓練の低年齢化が極端に進んでいます。そのため、将来、美術のお仕事をしてみたいと決心ができているのなら、早めの中学生からのスタートが有利です。

 しかし高校の芸術科を選ぶことは趣味を選ぶことではなく将来を選ぶことです。進路は容易に変更できず、職業や社会に対する認識が未熟な状況での選択はリスクが伴います。迷っている中学生の君は、進路面談をまず受けてみてください。

 また美大進学はどの高校からでも可能です。高校芸術科の志望ではなくても中学生から美術修錬を始める者も数多くいます。将来の可能性はまだ狭めたくない、もっとしっかり社会認識が出来てから将来は決めたい。そんな君には美術修錬の入り口を体験して試してみるコースとして「体験基礎コース」もしくは「体験個別コース」がおすすめです。

(冬期講習会後の年明け1/10以降は、中学生には図工美術教室(土曜日の夜)、週2基礎教室(月火もしくは水木)と週3基礎教室(月火金もしくは水木金)、日曜基礎教室(高校美術科受験対応可)があります)

講習会は実技力を
大幅に伸ばすチャンス

 ある水準の実技力を身に付けるには集中的に専念する時間が必要です。ふだん高校に通いながら実技の修練ができる時間は1日2〜3時間がやっとですが、この冬期講習会では実技に1日6〜8時間を贅沢に費やして実技力を飛躍的にアップできるチャンス。本講習会の受講はその意味で大きな意義があります。受験生にとっては実技力を伸ばす最後の正念場です。
 また「難関受験コース」には、専任の学科講師による、美大の入試傾向にあわせた英語・国語のわかりやすい講義・授業が、カリキュラムに組み込まれています。受験直前のセンター入試や主要美大入試対策を行います。
今年度は、学科の時間と同じ時間に「難関美大実技補強」が設定されており、いずれかを選択して足りない部分を受講できるようになっています。全期間を通して受講することで実技と学科の両方の弱点をを効率良く学習できるようになっています。


詳細は上の案内を御覧の上、お申込みください。
ご相談・ご見学も受け付けております。ご来所の際は
事前にご予約下さい。