美大受験生はもちろん
中学生や社会人など
美大受験生でなくても受講できます!

思いどおりに
絵描く感覚を体験
中学生以上なら誰でも
受講できます!

 アステールでは夏期講習会を美大受験生に限らず「絵を上達させたい、思い通りに描けるようになりたい」と願う方なら社会人や中学生にも広く開放しています。クリエイターへの夢を叶えた人たちが積んだ修練の数々を、様々な学齢の方が受講できます。
(受講対象は講座によって異なります。詳細は夏期講習会案内を御覧ください。)

補講や部活など、
学校の帰りに寄って
受講できます!

高校などでの夏期講習や補講、部活などを終えた後に学びたい、というニーズに応えるために、ほとんどの基礎にあたる実技講座は午後1:30以降になっています。デッサンの基礎を学ぶ「デッサン講座」、鉛筆を削ることから始めるまったくの初心者向けの「デッサン初心個座」など午後1:30から始まるようになっており、「実践課題」の入試対策課題をいつでも必要に応じてできるようになっています(各講座・課題の詳細は案内参照)。また、夜19:00〜は学校の講習や補講がない人のための「美大学科講座」で美大入試やセンター入試対応の学力を補強します。
受講の方法は、都合の良い1限(2時間の受講単位)ごとに申し込んで受講したり、割安で出欠自由のコース受講で学費を抑えながら都合よく受講することも可能。学校が終わった後に、アステールに寄ってガッチリ美大受験に備えられます。

<中学生や高校生・社会人の初心者>
鉛筆の削り方など
一から学ぶ
「初心講座」

描き方をマネして
効果的に学ぶ
「デッサン講座」

マンガの描画の
基礎を学ぶ
「マンガ教室」

<受験生は>
油画、水彩画、デザインなど、
各専攻の基礎を学ぶ
「アート専攻講座」
「デザイン専攻講座」


モデルさんを観て
大きな画面(木炭紙大)に描ける
「人物画講座」

学んだことはすぐアウトプットして
効率よく身につく
「実践課題」

カリキュラム・申込書など詳細は
下のアイコンをクリックしてご覧下さい
新しいウインドウに表示されます
閲覧・プリント後はブラウザの閉じるで閉じてください

配布中のものとほぼ同じものです。ファイル容量軽減のため、画像がやや荒く読みにくいかもしれませんがご容赦ください。詳しくはお問い合わせください。

2017夏期講習会 案内
(芸大美大受験)
夏期講習会案内_表紙裏表紙
夏期講習会案内_内面
2017
夏期講習会 案内
表紙

所在地・TELなど
(A3)
JPEG 1.7MB
2017
夏期講習会 案内
内面
カリキュラム表
講習費一覧など
(A3)
JPG 1.2MB
夏期講習会案内_内面 夏期講習会案内_表紙裏表紙
夏期講習会
コース・講座案内
外面p1p4
Q&A、実践課題、
人物画講座、
美大学科講座、
マンガ講座、
(A3)
GIF 803kB
夏期講習会
コース・講座案内
内面p2p3

初心講座、
デッサン講座、
専攻講座
(A3)
GIF 926kB
2017
夏期講習会
申込書
(A3)
GIF 618kB
プリントアウトして
お申込できます
 ご希望の日程を選択できます。(詳細は案内参照)

クリエイターめざすなら、
画力に自信をつけよう

 クリエイターになろうと考えている君。君は美大や専門学校へ行けばクリエイターになれると考えているかもしれない。確かに美大や専門学校は君にクリエイターへの多くのチャンスを与えてくれます。でもちょっと考えてみてください。君にクリエイターという仕事が輝いて映るのは、多くのクリエイターが自信に満ちて仕事をしているからではありませんか。その自信はいったい何に対するものなのでしょう。
 クリエイターといってもいろいろな仕事があります。でも共通しているのは、「自分のイメージを具体化する」職業だということです。彼らの自信は「イメージを具体的に示せる力」に対するものです。美術系のクリエイターにとって、「画力」はこの「イメージを具体化する力」そのものです。
 美大や専門学校に進んでもクリエイターになれない人はたくさんいます。一方で、そうした進学はしなくてもクリエイターになった例はいくらでもあります。両者を分けるものは、「画力」に対する自信に他なりません。美大や専門学校は画力のある者により多くのチャンスを与えてくれます。
 ところが、クリエイターをたくさん輩出している美大や専門学校へ行っても、ほとんど絵はうまくなりません。そうした美大や専門学校は絵をうまくしてくれるところではなく、画力をクリエイター職につなげる道筋や機会、情報や方法を教える教育機関なのです。「画力」に自信が無くては美大や専門学校への進学も大きな無駄となってしまいます。
 さあ、この夏、画力をメキメキ鍛えましょう。君が絵を描いたり作ったりすることが好きならば、「画力」に磨きをかけて自信をつけることこそクリエイターへの一本道です。