2020/5/18
 新型コロナウイルス対応について(5/18)

〜授業再開に向けて新方針のお知らせ〜

新型コロナウィルス蔓延に伴い、こどもの教室および大人の教室は休講、受験生の教室と基礎の教室はオンライン授業とさせていただいており、大変ご迷惑をおかけしております。

さる5月14日、静岡県を含む39府県は非常事態宣言が解除されましたが当初 私達アステールも、緊急事態宣言は一過性の特殊な状態であり、1〜2ヶ月程度で収束し解除されると想定していました。その間に社会の医療体制等が整いリスクは低減され、アステールも通常どおり教室が再開できるものと考えておりました。

しかし、遅々として進まぬ日本の医療態勢の整備や実態がつかめない検査体勢の脆弱さに加え、IPS細胞で有名な山中教授はじめ多くの専門家の見解は、感染蔓延は長期に渡り、しばらくはウイルスと共存していくしか無いというものです。つまり、感染拡大時には人的接触を8割削減が求められ、たとえ減少傾向に転じても6割削減が求められるという「新しい生活様式」が求められているとのことでした。

 こうした状況を考慮すると、たとえ緊急事態宣言が解除されても、従来どおりの教室の再開は非常に難しいと考えます。美術を通して人と人が相互に高め合う親密な関りの場であることを目指した従来の教室運営の方針は、今求められているこの「新しい生活様式」とは明らかに相容れないものだからです。同時に「ART FOR LIFE」を設立趣旨とするアステールは、今は「LIFE」がもつ意味の中で「命」を最も重視して自制しなければならない状況です。

そこで、私達アステールも「新しい生活様式」に適応して、しばらくは感染リスクを極力下げる形での教室運営に徹するべきで、たとえ緊急事態宣言が解除されても、ワクチンの開発普及等で根本的な問題解消がなされない限り、以前と同じ形態での教室再開は中長期的にすべきではないとの方針で今後の教室運営に臨むこととさせていただきます。

本来ならば緊急事態宣言が解除されたので、6月からすぐにも再開したいと考えておりましたが、現状の脆弱な検査体制では感染実態が見えず、安心して美術が学べるほどリスクが軽減したとは言い切れない状況です。また、中長期の教室運営に耐えうる態勢を作るには、小中高の学校、仕事の勤務形態など、「新しい生活様式」への社会の適応実態がどうなるのか、それが2週間後にどういう結果を生むのか等を見極める必要があります。そこで、6月区分はそうした実態の変化とその結果を見極め判断する期間として、こどもの教室および大人の教室はいましばらく休講といたします。またオンライン授業を主軸に据えることができる基礎の教室と受験の教室は、分散少人数化したアトリエ授業とオンライン授業の組み合わせでアトリエ授業を再開いたします。なお、緊急事態宣言が未解除地域にお住まいの方や、ご希望の方は、引き続きSNSのみの授業形態での受講をお願いいたします。

現在、7月の全教室再開に向け、オンライン授業・野外授業、少人数制の分散授業の3つを軸に、感染状況に応じて教室の運営形態が変化する新しい教室のあり方を模索、検討しております。かつての教室と比べ、ご利用時間帯や様々な制約のある教室運営となるとことは致し方なく、ご不自由ご不便をおかけすることになると思いますが、一人でも多くの在籍生のみなさまに安心してご利用いただけるよう、新規ご入学を検討されている方にも安心してご入学いただけるよう、創意工夫を施してまいりますので、再開の折は何卒ご理解ご協力のほどお願いいたします。

現在検討されている新しい教室形態

〜4つの授業形態〜

【通常授業】:これまでどおりの授業形態。以下 感染レベルA時の態勢。

【野外授業】:天候の良い日の過ごしやすい時間帯に、楽寿園や源兵衛川、三嶋大社など過ごしやすい場所の屋外を利用して行う授業。雨天等は順延となる仕組み。以下 感染レベルB〜C時の態勢。

【分散授業】:時間帯を分散し、厳格な感染防止ルールの元で奥教室8名、大教室16名(現教室定員の4割)を限度とするアトリエを用いる授業。以下 感染レベルB〜C時の態勢。

【オンライン授業】:LINE等を用いて課題出題、講義や講評、アドバイスなどが行われる授業。感染リスクが限りなくゼロとなるので、今後、アステールが最も力を入れる授業形態。以下 感染状況レベルA~D時の態勢。

上記4つの授業形態を下記4つの感染状況指に応じて組み合わせて教室を再開することが検討されています。

〜感染レベル指標〜

【感染レベルA】:ワクチン等の根本的解決策が生まれ、コロナウイルスに対する医療体制も整い重篤化リスクが一般的なインフルエンザのレベルにまで低減された状況

【感染レベルB】:ワクチン等の根本的解決策が無くても、医療体制等が整い感染が比較的収まっている現在の台湾、韓国、ドイツ、アイスランド等と同等の状況。

【感染レベルC】:学校などが分散登校などの変則授業、飲食業等一部業種に部分的に休業要請や制約が出されて、人的接触の60 %程度低減が求められる状況

【感染状レベルD】:非常事態宣言等が発令され、学校が休講、多くの業種に休業要請が出され、人的接触の80 %以上低減が求められる状況

 詳細につきましては後日決定次第、発表させていただきます。

アステール総合美術研究所代表 水口健司

新型コロナウイルスの詳細は以下のサイトをご覧ください

新型コロナウイルスに関する情報について 三島市
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn043245.html

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
2020/4/21
 新型コロナウイルス対応について(4/21)

  当研究所では政府の基本方針をもとに、3月上旬より、こどもの教室・おとなの教室の休校、受験生の教室および基礎の教室の少人数授業、春期講習会の中止、美大受験生向けに自宅で学習できる「無料春期ホームワーク」など様々な新型コロナウイルス感染拡大防止対応を実施してまいりました。

しかし4月中旬の現時点におきまして感染拡大は続いており、当研究所周辺学校は休校、緊急事態宣言は全国に拡大されました。このような状況では従来通りの開校は難しいと判断いたしました。すでに新年度はスタートしておりますが、在籍生の皆様、これからご入学をお考えの皆様が、安心して継続的な教室のご利用ができるよう、当研究所では現在、以下のような対応をしております。

--------------------------------

<緊急事態宣言が発令されている状況下での対応>
◯原則、当研究所での制作は行っておりません。
◯こどもの教室・おとなの教室は、休校中です。(学費は、授業の再開後へ繰越となります)
◯受験生の教室、基礎の教室はSNS等を活用したホームワークによる学習・修練を実施しております。

--------------------------------

4月区分(〜5/2、5/7・8まで(5/3〜6はGWの為休業))は上記のような対応となります。来月区分以降は状況を見て判断し、このページでお知らせいたします。

また、今後の状況によって柔軟に対応するため、内容は変更される場合があります。その場合もこのページでお知らせします。

新型コロナウイルスの詳細は以下のサイトをご覧ください

新型コロナウイルスに関する情報について 三島市
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn043245.html

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
2020/3/16
 新型コロナウイルス対応について

 当研究所では政府の基本方針をもとに、こどもの教室、おとなの教室の休校、受験生の教室および基礎の教室の少人数授業、春期講習会の中止、美大受験生向けに自宅で学習できる「無料春期ホームワーク」など様々な新型コロナウイルス感染拡大防止対応を実施してまいりました。

しかし3月中旬の現時点におきましては感染は収まらず、今後の状況次第では従来通りの開校は難しくなるケースも予想されます。これから気持ちを新たに迎える新年度以降、在籍生の皆様、これからご入学をお考えの皆様が、安心して継続的な教室のご利用ができるよう、当研究所では状況に応じて以下のような対応を準備しております。

■ケース1:公立の学校が平常通り開校する状況
通常どおり授業を行います。

■ケース2:公立の学校が休校する、現在と同じ状況
◯受験生の教室、基礎の教室はホームワークを中心とした少人数の分散教室となります。
◯こどもの教室は、土・日・平日に分散して少人数での教室となります。
◯おとなの教室は、もともと少人数に分散しておりますので、通常どおり行います。

■ケース3:緊急事態宣言が発令される状況
◯原則、当研究所での制作は行いません。
◯こどもの教室・おとなの教室は、休校します。(学費は授業の再開後へ繰越となります)
◯受験生の教室、基礎の教室はSNS等を活用したホームワークによる学習・修練を実施します。

今後の状況によって柔軟に対応するため、内容は変更される場合があります。その場合はこのページでお知らせします。

新型コロナウイルスの詳細は以下のサイトをご覧ください

新型コロナウイルスに関する情報について 三島市
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn043245.html

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針
令和2年2月 25 日 新型コロナウイルス感染症対策本部決定
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599698.pdf